• このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想デスクトップの効果的な選び方と企業に於ける利用方法

仮想デスクトップはサーバーシステムのリソースを効果的に利用するほか、セキュリティを維持する上でも非常に効果的なものとして注目されています。従来のサーバーシステムではリソースを共有する際にネットワーク面での負荷が障壁となってしまうことが多く、そのリソースを十分に活かせていない面がありました。また、リモート操作におけるサーバーシステムに与える負荷も比較的大きいことも大きな問題となっていました。特に従来のサーバーシステムは複数の処理を行う事に柔軟に対応していない面があり、リソースを圧迫してしまうと言う問題もありました。 デスクトップを仮想化し1台のサーバーシステムで同時に複数の処理を可能とすることで、これまでの様なネットワークの負荷やシステムのリソースを気にせずに利用する事ができるほか、複数の処理を同時に効率的に行う事が出来るようになるのが大きなメリットとなっています。

効果的な仮想デスクトップの選び方と企業への利用

企業に於けるITシステムの費用範囲は非常に広くなっており、その中で効果的にシステムを利用するためには効率的に限られたリソースを活用することが重要になっています。しかし、これまでは投資の規模に応じてそのリソースが決定してしまうため、ITシステムを活用しようとするほど多大な先行投資が必要となる事も多く、そのバランスを十分に考慮しながら必要最小限の利用にとどめることが重要視されてきた傾向にあります。 しかし、今回のデスクトップの仮想化においては少ないシステムリソースを効果的に利用する側面も含まれています。利用範囲を絞り込むことでシステムリソースを限定的に効果的に利用する事もできるため、その選び方によっては先行投資を大幅に抑え高い効果を生み出すことも可能です。

目的に合った仮想デスクトップを選ぶことが重要

サーバーシステムを遠隔で利用するという使い方ではリモートデスクトップやシンクライアントといったものが広く利用されていますが、これらはネットワークの負荷が大きく影響するため、高速の処理を必要とする作業に向かないことが大きな問題となっていました。このようにシステムの選び方には目的を明確にしその目的に合ったものを選ぶことが重要になります。デスクトップを複数同時に利用出来る今回のシステムでは、システムのリソースを最大限に有効活用することが目的であるため、リモート操作といった部分にはネットワーク負荷などの影響があることも認識しておくことが重要です。その上で企業のITシステムを効率化する要素をしっかりと認識して効果を測定し選ぶことが非常に重要となるので注意が必要です。

ピックアップ記事

作業効率化の基本、仮想デスクトップとは

仮想デスクトップとは、何かを簡単に説明すると、擬似的に複数のデスクトップ環境を構築するものです。通常のデスクトップは、1つの画面のみがディスプレイに表示されるため、表示範囲の広いアプリケーションやツー...

課金方法とコストに注意したい仮想デスクトップ

最近ではクラウド型の仮想デスクトップサービスを提供するサービスプロバイダーが増えています。このサービスを利用することで企業は自社でシステムを持つことなくITシステムを効果的に利用することが出来るように...