• このエントリーをはてなブックマークに追加

課金方法とコストに注意したい仮想デスクトップ

最近ではクラウド型の仮想デスクトップサービスを提供するサービスプロバイダーが増えています。このサービスを利用することで企業は自社でシステムを持つことなくITシステムを効果的に利用することが出来るようになり、初期投資が不要となる為非常に効率的なシステム利用が行えるようになるとして、多くの現場で利用されています。 しかし、これらのサービスにおいて注意しなければならない点はその課金方式と企業に掛かるコストです。この点を十分に認識しておかないと導入時の費用は少なくても利用状況によっては費用が余計に掛かってしまうことになる恐れが有り、結果として自社で構築し運用管理を行なう方が良いという結果になる事も多いものです。そのため導入前にしっかりと費用面について分析検討を行うことが大切です。

初期費用と月額費用を明確に区別しておくことが大切です

仮想デスクトップのサービスを利用する場合には、その課金方法をしっかりと認識した上で、利用期間における総額を積算しておくことが大切です。多くの場合には、利用期間と利用人数によって金額が決定されることが多く、利用者が多いほど金額が大きくなることが多いものです。そのため、自社でシステムを構築する場合に比べサービスを利用する場合、利用するサービスやその人数によって金額が大きく変動することが多く、場合によっては自社で構築するよりもその金額が高くなってしまうことも少なくありません。 企業のシステムコストは、費目としては初期費用と運用費用に分かれているものですが、罪の出費に関してはトータルの金額としてその企業の利益に大きく影響するものであるため、十分に検討した上で導入することが大切です。

仮想デスクトップの必要性を考えましょう

自社でシステムの構築を行う場合に比べ、サービスを利用するメリットは単に費用の面だけではありません。企業が行う事業の内容やその希望に応じて利用範囲を変化させることができるのもサービスを利用する上で大きなポイントになります。自社でシステムを構築した場合、その後事業を縮小したからといってシステムにかけた費用が少なくなる事はありませんが、サービスの提供を受けている場合にはその規模に応じて利用状況を変化させることができるため、毎月の課金額やコストが削減できることにつながります。そのため、自社でサーバーを構築するかサービスを利用するかを決める場合には、その事業の継続性やシステムの利用率なども十分に考慮し、総合的に長期的な費用として考慮した上で決定することが重要です。

ピックアップ記事

作業効率化の基本、仮想デスクトップとは

仮想デスクトップとは、何かを簡単に説明すると、擬似的に複数のデスクトップ環境を構築するものです。通常のデスクトップは、1つの画面のみがディスプレイに表示されるため、表示範囲の広いアプリケーションやツー...

課金方法とコストに注意したい仮想デスクトップ

最近ではクラウド型の仮想デスクトップサービスを提供するサービスプロバイダーが増えています。このサービスを利用することで企業は自社でシステムを持つことなくITシステムを効果的に利用することが出来るように...